« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

新しいノートPC

新しいノートPC

ノートパソコン買っちゃいました。 ただいま設定中です。 ヒルズライブラリーでのお勉強用です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「材料強さ学の学び方」読了

監修のことばに

本書は材料力学の入門書であって、・・・

とありますが、手にとって見ると一般の材力の教科書から少し範囲を広げて材料の結晶構造まで話が及んでいて、まさにエンジニア向けの一冊だと思います。

  • 24ページ:

    安全係数の存在自体は、われわれがまだわからないことに適当に対処するためのものである。ともすれば無知なことを示すことでもあり、・・・

    とあります。なかなか安全係数って難しくて耳の痛い話です。
  • 64ページ:

    応力集中は、平均応力のたいてい3倍になるのである。

    とあります。安全係数がとりあえず3くらいからスタートするのは、ここからきてるのかなぁ。
  • 75ページ:

    衝撃的に与えられる負荷は準静的変形の2倍以上の応力やひずみ(伸び)を請ずる

    とあります。この関係を用いれれば簡単に衝撃落下試験の評価が行えるのだろうか?より突っ込んだ考察が必要ですね。
  • 216-217ページ:
    ごく簡単にではあるが脆性材料には最大主応力、延性材料には相当応力(ミーゼス応力)が適当であることが述べられてます。この本の前の部分を読むともう少し理解できるでしょう(それが、この本のいいところ)。
    ところで相当応力の感覚的に意味がよ~やくわかりました。相当応"力"って書いてあるけど考え方はエネルギーなんですね。まぁ√をとっているのでディメンションは力なんですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

銅版画家 長谷川潔 展

行って来ました。
銅版画すごかったです。
マーキング技術としても最高です。

仕事でプリンターを作っているのですが、一面ムラのない黒といい、マットな感じの落ち着いた黒といい、シャープな黒い線といい、見習うことが多いように思えます。
銅版画とプリンターの画質の機能性評価なんて面白いと思いません?

060326_1325001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天国の本屋」読了

読み終わってしまいました・・・。
もうちょっと、この世界に浸っていたいのに、読み終わってしまいました。
もうちょっと分量を多く書いて欲しかった。

最近、感受性が強くなったなぁ、と実感します。
それが、いいとも悪いとも言えないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「PSJ4月号」読了

PSJ(=POPULAR SCIENCE日本語版)4月号を読み終えました。
科学雑誌というか、未来雑誌または未来グッズ雑誌としてかなり面白かったのに休刊だそうで・・・。
悲しいです。
本家英語版でも探して読むかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TSUTAYAでCDレンタル開始

TSUTAYAの宅配DVDでCDのレンタルがようやく始まりました。
とりあえずアーティスト名で"あ"行から見ていくとAllison Kraussなんてあるぞ。
(そういえばグラミー賞3部門受賞だそうで。すごいねぇ。)
でもよく見ると映画ツイスターのサントラだ。
まぁいいや、とりあえずこれを予約リストに追加しておこう。
届くのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「有限要素法のノウハウ」読了

ヒルズライブラリーだと、ほんとに読書が進みます。今日3冊目です。
暗い空の中でライトアップされた東京タワーを見てると・・・、「ビーム要素」とつぶやいてしまいます(^^)

それはともかくとして、この本、良書ですねぇ。
理論はかなりあっさりして(割愛してもいいかも)ますが、対称モデルの作り方、メッシュ分割の品質、信憑性診断チャートと、まさにノウハウがぎゅっとつまってます。
特に出版された1993年当時は画期的な一冊だったんだと思います。

感想を少々。

  • 40ページ:
    サンブナンの定理について書いてあります。これ便利ですよね。
    大きな部品でも応力場が乱れている範囲だけ取り出して解析できるわけです。
    または応力場が一様なところはメッシュを粗くしてもいいわけです。
    でもメッシュサイズは連続的に変わって欲しいので、一様なところは剛体にしちゃってえばいいかのかな?
  • 56ページ:
    メッシュの粗密による精度検証結果が出ています(イメージで説明するだけじゃなく、「誤差2.9%でした」と数字が出ているところが、この本の深みを出している)。
    一番疎なモデルでは誤差12%で、たしかにモデル図を見ても「ちょっと荒いよな」って思います。
    でも、このモデル2次元なんですよね。
    3次元モデルなら、この程度のメッシュサイズでも違和感感じないかも。
    気をつけないと(まぁ、三角形一次要素の結果なんだけどね)。

厚さは薄くて絵もたくさん入ってて読みやすいんだけど、持っていてずっと役に立つ、とてもセンスのいい良書です。
じつはこの本借り物です。貸してくれてありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「内藤忍の資産設計術」、「〃実践編」読了

本屋に行くと"株で儲ける本"とか"投資信託をはじめる本"なんてのが、たくさんあります。
でも、いろいろある投資手法の概要と、それらをどう使い分けるのかちゃんと書いてある本がなかなか見つかりませんでした。
で、いいかなぁ、と思って買ったのが、この2冊。

まず投資手法をいろいろ使ってリスク分散をすると。なるほど、そのとおりだと思う。
デイトレーディングと対極の長期戦略で四半期ごとの見直しでO.K.っていうのもありがたい。
なかなか私の趣向にあった本でした。

それにしてもヒルズライブラリーだと読書が進むなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天空の隠れ家で自分を磨く」

「天空の隠れ家で自分を磨く」というキャッチフレーズのアカデミーヒルズ六本木ライブラリーに入会しました。
いやー、気に入りました。
居心地が良くて初日から5時間も長居してしまいました。

アカデミーヒルズ用のエレベーターで48階まで上がると、低層階の"おのぼりさん"的な喧騒から離れて、落ち着いた雰囲気になります。
ライブラリーカフェは天井が高く(2階分あるんじゃないかな?)、そこの広い窓はお台場、その先まで見渡せます。
夜になると夜景の中に立つライトアップされた東京タワーを見下ろす(東京タワーを見下ろすんですよ!)ことができます。
そんな景色の前でソファーに腰掛けコーヒー飲み(アルコールも可)ながらの読書は最高。

で、写真は・・・、会員制の景色なので用意しませんでした(失礼!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ショーシャンクの空に」観ました

自由になったら観ようと楽しみにしてた映画です。ようやく観ました。
やっぱり自由と希望はいいです。
そして、それを手に入れるのは自分自身です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花で春の感じ

今日も出張です。
海老名のフレッシュネスバーガーでちょっと遅い朝ご飯。
テーブルに菜の花があって春の感じ。
でも今日寒いよ。
060307_0936001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご褒美

仕事が終わったのでご褒美に表参道ヒルズでお昼ご飯。
060306_1430001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »