« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

Scilabで2階の微分方程式

さらに頑張って2階の微分方程式までやってみました。

function xdot=myfunc(t,x)
xdot=zeros(2,1);
xdot(1)=x(2);
xdot(2)=-4.91*sin(x(1));
endfunction

tt=0:0.1:10;
xx=ode([%pi/2 ; 0], 0, tt, myfunc);
xbasc();
plot2d(tt,xx(1,:),1);
plot2d(tt,xx(2,:),2);

とすると図のようになります。連立方程式を配列を使って表現するんですね。
MATLAB つかいませんかを参考にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Scilabで微分方程式

微分方程式のはなし9章ではコンピュータを使って微分方程式を解いてます。というわけで私もやってみました。ただしルンゲ・クッタ法を自分でインプリメントしたわけでなく、Scilabを使って解いてみただけです。

deff("wdot=df(t, w)" , "wdot=-0.139*w")
t0=0 ; w0=1000 ; t=0:1:30;
y=ode(w0 , t0 , t , df );
plot(t,y)

とすると下のようなグラフが得られます。かんたん、かんたん(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Maximaで微分方程式

せっかく微分方程式のはなしを読んでいるので試しにMaximaで計算させてみました。(今までもMaxima使ってみたかったんだけど、手持ちのネタがなかったのよん。)31ページ(3.9)式を解いてみました。
無事ちゃんと計算できましたね。めでたし、めでたし。
それにしてもMaximaってちゃんとバージョンアップしてたんですね。私の調査不足でした。ちなみに私が使ったのは昔インストールした5.5ってやつだと思います。
Maxima Manualの30. 微分方程式を参考にさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微分方程式のはなし

いちおうはエンジニアなのに微分方程式がちんぷんかんぷんなので「微分方程式のはなし」を買ってきました。前書きの最低これだけの微分方程式の知識があれば、たいていの問題は解けるだろうと考えて、その解法を取り上げたのがこの本です。という言葉に惹かれて選んでしまいました。
とりあえず4章の変数分離型の微分方程式まで読みました。これから必要としているバネ-ダンパ系の微分方程式の話に入ります。
それにしても「はなしシリーズ」は日科技連で、「おはなしシリーズ」は規格協会なんだよなぁ。張り合わなくても・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Smalltalk入門

会社の図書館にSmalltalkの本が何冊かあるんですが、一番絵の多かったSmalltalk入門を借りてきました。この本もう絶版らしいですね。
とりあえず、ぱらぱら読んでます。画面の絵が多くて実際に操作しながら確認できるのでいいですねぇ。
にしてもウィンドウのスクロールとかtwmに似ている気がするんだけど、twmってSmalltalkから影響受けてるのかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオの録音

最近ラジオをタイマー録音しています。ラジオからライン出力したものをPCのライン入力に入れて、MP3に録音しています。ラジオ英会話やウィークエンドサンシャインを録音するのが目的です。(もちろん私的利用です。)で、MP3プレーヤーで通勤などで聞いてます。
この話をするとけっこう興味を持ってくれる人が多いので、使っているソフトを紹介します。ロック音を使ってます。便利なソフトをありがとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

同じこと考える人

Squeakで執筆環境を作るぞ!さ茂さんと語らう場が面白いです。
俺と同じようなことを考える方っていらっしゃるんですね。参考にさせてもらおっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »