« expectで計算 | トップページ | Bochsのインストール »

xfoilを自動運転

expectを使ってxfoilを自動運転してみた。これもやっぱりautoexpectを利用して作りました。初めて自動運転できたときは感動でした(^^)
収束しない時にwhileを使って!を連発しようと思ったのに結局うまくいかなかった。なぜだろう。iterを50に決め打ちしちゃった。でも、いっか。

#!/usr/bin/expect -f
set force_conservative 1 ;# set to 1 to force conservative mode even if
;# script wasn't run conservatively originally
if {$force_conservative} {
set send_slow {1 .1}
proc send {ignore arg} {
sleep .1
exp_send -s -- $arg
}
}
set timeout -1
spawn $env(SHELL)
expect -exact "\]\$ "
send -- "./xfoil\r"
expect -exact "c> "
send -- "load naca43015-63.dat\r"
expect -exact "s> "
send -- "naca43015-63\r"
expect -exact "c> "
send -- "panel\r"
expect -exact "c> "
send -- "oper\r"
expect -exact "c> "
send -- "iter\r"
expect -exact "i> "
send -- "50\r"
expect -exact "c> "
send -- "visc 2.0e6\r"
expect -exact "c> "
send -- "alfa 30\r"
expect -exact "c> "
send -- "\r"
expect -exact "c> "
send -- "quit\r"
expect -exact "\]\$ "
send -- "exit\r"
expect eof

|

« expectで計算 | トップページ | Bochsのインストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44043/11180427

この記事へのトラックバック一覧です: xfoilを自動運転:

« expectで計算 | トップページ | Bochsのインストール »