« gccのオプション | トップページ | 翼型のデータの生成 »

二次元のヒストグラム

gregmiscにhist2dってのがあった。これがすごいの!二次元のヒストグラムを描いてくれるのだ。frequencyを色で表現したり、三次元で表現したりしてくれるのだ。
例えば付いてくるドキュメントの例を使うと、

# example data, bivariate normal, no correlation
x <- rnorm(2000, sd=4)
y <- rnorm(2000, sd=1)
# use the hist2d function to create inputs for a perspective plot ...
h2d <- hist2d(x,y,show=FALSE, same.scale=TRUE, nbins=c(20,30))
persp( h2d$x, h2d$y, h2d$counts,
ticktype="detailed", theta=30, phi=30,
expand=0.5, shade=0.5, col="cyan", ltheta=-30)

と入力すると三次元のグラフを描いてくれるわけ。
すごいよねぇ。こういうの欲しかったんだ。

|

« gccのオプション | トップページ | 翼型のデータの生成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44043/11180361

この記事へのトラックバック一覧です: 二次元のヒストグラム:

« gccのオプション | トップページ | 翼型のデータの生成 »